読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANA マイルのある暮らし

ANA陸マイラーの2016 SFC修行の旅行記、等

MENU

ANA国内線 機材故障などの理由による遅延・欠航

国内旅行

f:id:anamilelife:20161001204650p:plain

2016年9月11日の特割75で予約した、三角フライトの最後の那覇→羽田便ですが、またまた遅延してしまいました。

その際に、ANAさんから「機材故障などの理由などによる遅延・欠航時のご案内」のしおりをいただきましたので、紹介してみたいと思います。

[Ads by google]

那覇→羽田最終便で遅延!

anamilelife.hatenadiary.jp

遅延したのは、9/11(日)の那覇→羽田の最終便です。

以前、札幌→羽田の最終便を旅作75で予約した際に、羽田着が23:30着だったのですが、自宅近くの駅への最終列車に乗れなかったので蒲田からタクシーを使うはめになってしまいました。 今回はその反省を生かし、那覇→羽田の最終便は、羽田着23:05分であることを確認してから予約したのでした。

f:id:anamilelife:20161001212150p:plain

それが、那覇空港に到着したところ、機材の到着遅延により20分遅れますとのアナウンス!

B787の修理で機体繰りが厳しいのでしょうか?

普段の20分はさほど気にも留めませんが、この20分は意味合いが違います。タクシーでの帰宅になると思わぬ出費が・・・。

航空会社事由の遅延・欠航時は予約変更が可能です

旅行当日はそれほど体調が優れなかったので、早めに那覇空港に到着していました。 元々、旅割75で購入していた航空券だったので、早めの便に変えたいと思っても、通常であれば変更ができないのですが、 航空会社事由の遅延が確定している場合は、予約変更が可能です。

那覇→羽田は最終便が定刻20:40分発。その前の便が19:20分発なので、一本前に変えられればラッキーと思い、ANAカウンターに向かったのですが、 日曜日の羽田便ということもあり、前の便も満席です。。。残念。

しょうがないので、とぼとぼとANA Loungeに向かいます。

搭乗時にパンフレットを渡されました

f:id:anamilelife:20161001235153p:plain

搭乗口から機内に搭乗する際に、写真のパンフレットをもらいました。 以前、特典航空券でシンガポール航空に搭乗した際に似たようなパンフレットをもらった記憶もありますが、ANAでは人生初体験です。

やはり、出発の遅延に伴い、到着した際に公共交通機関が無くなってしまう人がいるようなので、その救済措置だと思います。

表紙に記載のとおり、

  • 予約変更
  • 他の交通機関への変更
  • 航空券の払い戻し
  • 立替費用の精算

の4パターンの対応をしてもらえるようです。

予約変更

f:id:anamilelife:20161001235921p:plain

「変更に際して手数料はいただきません。」と記載があります。特割等の航空券は通常であれば、手数料無しに変更はできませんが、ANA事由の場合だと手数料無しで変更できます。 今回は、もう沖縄に来てしまっていて、翌日も仕事だったので、東京に帰らざるを得ません。

変更先の便は、「予約便出発予定日から30日以内の空席がある便への変更が可能」と記載があるので、もし、出発の便であれば良い時間帯の便に振り替えが可能なので、お得になりますね。

変更は、予約便出発日から10日以内にANAウェブサイトでするみたいです。

他社便への予約変更

f:id:anamilelife:20161002000634p:plain

ANAが出資しているエア・ドゥやソラシドエア、スターフライヤー等は、振り替えできそうと思っていましたが、JALグループ各社にも振り替えできるんですね。 知りませんでした。

その場合、ちなみにマイル加算はどうなるでしょうね?やっぱりJALマイルかな。

他の交通機関への変更

f:id:anamilelife:20161002000958p:plain

これは知りませんでした。 航空券以外の定期公共交通機関(新幹線・バスなど)に変更される場合は、ANAが負担してもらえるようです。

航空券より定期公共交通機関の運賃が高ければ、航空券運賃に加えその差額を払い戻してもらえるようです。 また、航空券の運賃のほうが高い場合は、航空券運賃額を全額払い戻してもらえるようです。(即ち、航空券と公共交通機関の運賃差額は臨時収入ですね。まあ、あまりないと思いますが。)

でも、那覇からだと飛行機以外に交通手段が無いですからねぇ。

航空券の払い戻し

f:id:anamilelife:20161002213612p:plain

これは、そのままですが、ANA SKYコインで購入していた場合で、払い戻し時点で有効期限を過ぎているANA SKYコインは払い戻しできないと注意書きがあります。 有効期限がぎりぎりなANA SKYコインで購入していた場合は、注意が必要ですね。

立替費用の精算(宿泊とタクシー代の補助)

f:id:anamilelife:20161002213750p:plain

搭乗便の到着遅延によって、公共交通機関が無くなってしまった場合に、タクシー代等で上限15,000円まで実費の補助がでます。

同様に宿泊した場合も、上限15,000円まで実費精算です。

立替費用精算書も、パンフレットに同封されています。予約便出発予定日より、10日以内の精算になります。

f:id:anamilelife:20161002213910p:plain

私も結局、電車が無くなっていたので、タクシーで帰宅。夜中の道路は空いていたので、定時で到着&電車と同じくらいの時間に家に帰着することができました。

ここまで記事を書いていて見つけたのですが、ANAの公式サイトに記載がありましたのでリンク貼っておきます。 ホームページでも記載されているように、国内線と国際線で扱いが違うようですので、ご注意ください。

機材故障などが理由の変更・払い戻し|ご予約/旅の計画|国内線航空券予約・空席照会|ANA

悪天候等による欠航・遅延の場合

悪天候などが理由の予約変更(ANA便への振り替え)|ご予約/旅の計画|国内線航空券予約・空席照会|ANA

今回は、ANA事由なので補助がでましたが、悪天候の場合等は対応が変わってきます。 ANAの公式サイトに案内がありましたが、ANA事由と異なり、予約変更及び航空券の払い戻しのみ対応してもらえるようです。

予約変更もANA便のみで、他の交通機関や、宿泊費やタクシー代の補助はないようですね。

ちなみにJAL便では?

運航に影響が見込まれる際の変更・払い戻し - JAL国内線

JALのホームページにも同じような記載がありました。 JALの場合は、遅延は30分以上から対応みたいですね。

JAL事由と悪天候で対応が違うのはANAとほぼ同じですが、ANAで記載があった深夜タクシー代やホテル代の記載は見つかりませんでした。 ホームページの見方もJALのサイトのほうがいまひとつわかりづらいですね。

[Ads by google]

旅行遅延保険

シンガポールの家族旅行で那覇にダイバートした際に、アメリカン・エキスプレスゴールドカードに自動付帯していた保険で、食事代の補助を受けました。そのときの記事はこちら。

anamilelife.hatenadiary.jp

アメリカン・エキスプレスゴールドカードは、国際線に旅行遅延保険が自動付帯していますが、国内線では、ANA ワイドゴールド VISAカードに、遅延保険が自動付帯しています。 4時間以上遅延した場合に、食事代のみ補償があります。宿泊代は補償なし。上限は10,000円。

こちらは、遅延事由は問われませんので、悪天候等は関係ありません。このカードのホルダーの皆さんが運悪く(?)4時間以上の遅延に遭遇した場合は、豪華な食事が食べれると覚えておきましょう。

さいごに

今年は、SFC修行をしていることもあり、例年より多く搭乗していますが、29回飛行機に乗って3回遅延等のトラブルに遭遇しています。 こんなにトラブルに巻き込まれるのは私くらいでしょうか?(トラブルに巻き込まれたくないが、対応力があがってきました。)

SFC修行僧の中には、エクストリームな修行がしたく悪天候の時期を狙って条件付フライトになるのを狙っている方もおられるというのに、、、。

▼ブログ村ランキング参加しています。応援よろしくお願いします。▼

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


マイレージ ブログランキングへ